品切れ・絶版品

白柳栄一 著
ISBN/4-900277-55-X
A4判上製/276頁カラー/5,250円(税込)
収録版画、全257点!
実物よりも、もっと 沖縄の色と形に圧倒される1冊です。丹念に心を込めて刷られた版画の沖縄便り、 今、本という形となって別の輝きを紡ぎ出します。
平野隆彰/著
発行/あうん社
発売/かんぽう
定価/2,300(税込)
B5判/226頁
野面積み石垣のルーツと歴史を探る。
穴太積みの素朴で力強い美しさ。シンプルな構造の中に、石工の心意気と巧みさが隠されている。安土城から広まったとされる穴太積みだが、そのルーツを遡れば古墳時代にたどり着く。
−65歳 白紙の原点からの始まり−
伊勢昌史著
定価:10,000 円(税込み)
体裁/B4判 上製 128ページ(カラー)
美術教師として多くの生徒を育ててきた著者が、今度は、プロ画家として自分を育て、初の画集を発行する。列のレイアウトです。ホームページビルダーなどで、これを配置したい所にコピーしてご利用ください。
準備中
−たかがスケッチ されどスケッチ −
江嵜健一郎 著
B5判上製/定価/2,000円(税込)
私は自然をよみあげた短詩文芸に興味をもってきました。芭蕉から現代まで だれでも共感できる、俳句などやさしい表現の俳句川柳の中から、私なりに集めていたものを、このほど一冊の本にしてみました。
私たちにとって、一年を通じて暑さ寒さの期間がひときわ長く感じられます。 それだけに、短い春と秋を より大切にしたいものです。
早乙女薫/著
発行/かんぽうサービス
発売/かんぽう
定価/1,050(税込)
A5判 108頁 眠りに就く前、何か活字を追いたくなる…。
長い小説は面倒だ。かと言ってエッセイじゃ軽すぎる。
そんな気分の大人たちに贈る、「酒」がテーマの短編集だ。
極上の寝酒みたいに、君を酔わせるぜ。
さあ、この味を試してみなよ。
工藤明子 著
体裁/四六判 並製 240 ページ
定価/1,260 円(税込み)
プロローグ〜私がハーレムを目指した理由
1章 ハーレム・シーンズ〜私のハーレム巡礼
2章 ブラックカルチャー入門
3章 黒人の素顔
4章 差別と黒人と私
後書きに替えて〜ハーレムに行って知ったソウルの意味。列のレイアウトです。
準備中
準備中
準備中
準備中
ISBN/978-4-900277-96-0 
編集/人権大学院大学(夜間)の実現をめざす大阪府民会議
発行/人権大学院大学(夜間)の実現をめざす大阪府民会議
発売/かんぽう
定価/1,575(税込)
四六判 200頁
「人権の世紀」といわれる21世紀に向けて、国際社会に貢献でき、なおかつ人権に関する高度な専門知識を備えたリーダーが求められている!
準備中
 
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
久米ひろみ著
ISBN/4-900277-73-8
定価/1,575 円(税込み)
体裁/A5判 並製 468 ページ
こんな中国語、中国では使わないよ!  長年、中国に暮らした日本人が、中国の自由市場で、路地裏で、はたまたアパートの中で、耳をすました中国語。不安と驚きの追体験。やがて中国語を通して、中国の人たちの息づかいが、中国の文化が、行間から発酵を始めます。中国に興味を持つ人、中国語に興味を持つ人、必読の一冊です。
安希(Aki) 著
ISBN/4-900277-40-1
四六判/1,575円(税込)
この本は、私がアメリカの大学で参加した『長崎レイン』と呼ばれた創作活動を基に、戦争の歴史と自分の感じる国際社会についてストレートに書いた本です。
指令〜!幸運!品格!小顔!美容!健康!全てを英語でgetせよ!
あみりあ 著
四六判/1,470円(税込)
英語が難しいから嫌い!って思っている人はいませんか? 
英語を難しいと感じる前に、楽しいものだと知ることが大切でず。
この本では「英語でここまでキレイになれる〜!」「英語で笑顔!英語でHAPPY〜!」といった楽しい内容の英語をすぐに実践できて楽し<学べるLessonを開講しています。
準備中
佐藤眞生 著
ISBN/4-900277-72-X
四六判/1,575円(税込)
なぜ戒名がいるんだろう! 仏教では「人は輪廻する」って教えられました。 それじゃ、お墓の中に入っているのは誰なんだろう? あのお坊さん、「供養する」って言ったよ。「成仏した」とも言ったよ。 それじゃ、なぜ永代供養が必要なんですか?!
佐藤眞生 著
ISBN/4-900277-39-8
四六判 156ページ
定価:1,575円(税込)
歴史上縄文は封印されていますが、日本の始まりは縄文にあり、そこに日本人の心の拠り所としての魂があると思います。歴史的に封印され、日本人の意識から遠くなっていたとしても、日本人の心の拠り所はどこかに、何かに、誰かに、受け継がれている筈です。その受け継がれているありさまを辿りたい、そしてその実像を現代という時空で明らかにしたいと思い続けてきました。
荒木雅 著
ISBN/4-900277-64-9
A5判/1,890円(税込)
本画集に見られるさまざまな野の草花の絵や色紙の草木・果実の絵にも、雅氏の到達した宗教性が深く感じ取れる。紀野一義氏は、道元の「正法眼蔵」の『釈迦牟尼仏言わく、明星出現するとき、我と大地有情と同時に成道す』を引いて、『釈尊が悟りを開かれたら、天地自然、人間全部、生きとし生けるものみんな悟りを開いたという。そうすると、私たちの周囲にあるものみんな悟りを開いているはずである。』と述べているが、描かれた木々の花や草花を見ていると、雅氏が感じ取っていたこれらの植物にある心、備わっている仏性が自ずと我々に伝わってくるのである。
川口 仁 編著
ISBN/4-900277-49-5
B6判/1,050円(税込)
日本で初めてフットボールを紹介した岡部平太。文武両道、武勇伝やエピソードなど、枚挙に暇がない彼の起伏に富んだ生涯。死後40年以上経ても、光彩陸離たる強気光芒を放つその人格。
山内景樹 著
ISBN/4-900277-57-6
四六判/1,575円(税込)
大正七年(1918)の夏に富山で起こった米騒動は、たちまち広がり、青森、岩手、秋田、栃木、沖縄の5県を除く1道3府38県の38市153町177村、 合計368ヶ所で発生、参加人数は数十万人に達した。 本書は、この前代未聞の民衆騒動を日本近代史のなかへ正当に位置付ける試み。
山内景樹/著
発行/かんぽうサービス
定価/1,575(税込)
四六/212頁鰊来たか 
−「蝦夷地」と「近世大坂」の繁栄について−かつて春になると北海道の西海岸へ大挙して押し寄せ沿岸の町々を繁栄させたニシンが、あるところから資源減少の一途をたどり出して、ついに忽然として姿を消した。ニシンのミステリーを追いながら、そこに人間と自然の交渉の膨大な集積が産み出した、歴史のドラマを紡ぎ出す。
田中恭治/著
体裁/四六判 並製 200 ページ予定
定価/1,260 円(税込み)
あどけなさが残る14歳の少年が、 国難に臨み予科練に入隊した”若鷲”の記録。母親との別れ。生死をともにする仲間たちとの交流と予科練での超人的訓練の日々。 そして束の間の休息と仄かな恋心。風雲急を告げる戦局に、激しさを増す特攻訓練。祖国を、故郷を思い次々と殉じていった若者たち。果たして予科練とは、煌く閃光であったのか・・・。
ふるさと茨木連帯 編著
体裁/A5判 並製 220 ページ
定価/1,260 円(税込み) 予定
「茨木」という地名、茨木は生活適地、庶民の聖地・直観を育むまち茨木
流通拠点としての茨木、茨木の情報拠点としての位置
先駆の条理制を開発した茨木、町民自治のまち茨木
植木 力(うえきちから)/著
体裁/四六判 並製 240 ページ予定
定価/1,500 円(税込み)
ISBN/978-4-904021-20-0
小さな企業にもミッションがある!
サラリーマンから経営者へ、その苦労、今だから話せる貴重な経験談。
社会に出る学生、サラリーマン、起業をめざす人、
社会教育本としても、ぜひ、読んでいただきたいビジネス書。
後藤光代著
四六版 200頁
定価/1,260 円(税込み)
アルコール依存症の夫がいたからこそ知り得た人生の目的。夫と共に「心を見るセミナー」に参加し続け、自分と向き合い、人生の目的を探していく。やがて夫を送る日を迎え、著者がした決断とは……。
風間 透/著
体裁/四六判 並製 250 ページ予定
「遠い農協」で平成18年度「農民文学賞」を受賞した著者が、
「税務工作人」に次いで放つ企業小説!
急成長を遂げた坊量販店を揺るがす後継者問題!
K後継の行方は?
山田健二郎 著
A5判/1800円(税込)
私は自然をよみあげた短詩文芸に興味をもってきました。
芭蕉から現代まで だれでも共感できる、俳句などやさしい表現の俳句川柳の中から、私なりに集めていたものを、このほど一冊の本にしてみました。
私たちにとって、一年を通じて暑さ寒さの期間がひときわ長く感じられます。 それだけに、短い春と秋を より大切にしたいものです。
熊野以素 著
四六判/900円(税込)
誰にでも分かる介護保険制度の解説と、建前や役所の都合ではなく利用者の立場でどう介護保険を使いこなすかのノウハウの本が必要だ。そう考えて本屋さんにいってみました。ところが学者さんのかいた難しそうな本や介護職の為の手引き書ばかり。ここは自分で書くしかないというのが私の執筆の動機です。
準備中
安希 ギリシャ文明研究会/著
発行/ギリシャ文明研究会
発売/かんぽう
定価/1,470円(税込) A5判 280頁
この書は古代(Ancient Age)のオリンピック(Olympic)の起源を追及し、体育史の面から述べる。古代ギリシャ及びその周辺国における紀元前6000年頃から紀元前1220年頃、英雄アキレスが戦死した迄の時代を考えた話を中心として、オリンピックの起源を追及し、そしてその後に古代オリンピックが開かれ、その古代オリンピック競技大会が1200年間続いたことの概要をご紹介したい。これを体育史として、途中で人の言葉の表現も含めて紹介したい。周辺国の考古学的証拠品、古代メソポタミアのシュメール文明に始まり、そこで古代格闘技が普及し、やがてギリシャに伝わって行く。それはシュメール文明、又はそれ以前の考古学的証拠品からの推測に始まり、ミュケナイ(Mykenae)時代と呼ばれた古代ギリシャの考古学的証拠品や関連記述物、そして全体の時代考察として、記録として残されたギリシャの詩人 ホメロス(Homeros)の叙事詩、イリアス(英文名Iliad )、オデュッセイア(原文 、英文名Odysseia) 等の作品(紀元前1000年以上前のギリシャの風俗、生活習慣としての記述)からの推論である。
亀谷文子 著
発売/かんぽう
定価/1,200円+税
A5版 本文1段組 218頁
船の名前はウクライナ船籍「オリビア号」。
船体の横には、大きく「PEACE BOAT(ピースボート)」と書かれている。
それは、この船旅を企画している団体の名前だ。 「ピースボート」は、寄港地を訪れ、現地の人たちと交流し、友好を深める船旅を行なっている国際NGO。
約3ヶ月かかる「地球一 周の船旅」のなかでは、内戦や病気などさまざまな理由で親を失った子どもたちのいる施設を訪れて彼らとサッカー交流をしたり、日 本で集めた足踏みミシンや車椅子、パソコンなどを届けるという支援活動などもおこなっているという。
じろちょう/著
発行/かんぽうサービス
発売/かんぽう
定価/1,575(税込)
A5 198頁
僕は突然、思い立ったように旅に出ます。しかも、チャリダーに変身し、チャリンコで移動する旅です。紀伊半島一周を達成させようと企んでの出発です。けれども初日から工具が異空間へ飛び込むようなパンクに見舞われてしまいます。その後も、橋の下に干物が登場したり、ガリバートンネルが現れたり……と、僕の前には何かと不思議な物事がやってくるわけです。紀伊半島は難敵で、一回の挑戦では乗り越えることができませんでした。二回の挑戦の末、ようやっと僕は満足を得ることになります。さすがは紀伊半島です。
チャリダーは時空を越え、春野町を目指しました。春野町は天狗の町、山の奥まで坂道を上っていきます。苦労しました。チャリダーの動力は人間なので、インスタントラーメンなどの燃料をおなかに補給しつつ前へと進む道のりです。
時々、チャリダーはライダーに変身することもあります。そうすると、同じ春野町でも印象が全然違ってきます。坂道を恐れずに前へと進み首をくくりそうにもなったし、廃校を見ては妙に感傷的になったりもしました。
人の心とのふれあいは西の方でも待っていました。人というのはステキなもので、話をじっくりできたときには心がぽかぽか温かくなるように思えてきます。岐阜、京都、大阪……、自分を刺激してくれる時間を過ごすことができました。旅の広がりが人の広がりを支えてくれています。広がりは海を越えます。草原の国モンゴルでも、強く感じたのは人の生き様です。血を一滴たりとも大地に落とすことなくヤギを解体する草原の民、遙か彼方まで見つめているような子どもの瞳……。もっともっとでかい人間になりたいと思える旅空でした。
粂川研二 著
発売/かんぽう
定価/1,500円+税
A5版 本文1段組 196頁
本書の梗概  本書は、人間の幸福とは何か、その人間の幸福は如何にして得られるかを探究することを目的としている。まず第一章の人間と社会では、人間の幸福を「人間の幸福とは、人間の動物としての基本的欲求である安全の欲求、豊かな生活をしたいという生理的欲求及び永遠の生を得るための自己保存の欲求を充足することである」と定義している。この幸福の定義は、人間が幸福になるためには、少なくとも動物としての人間の基本的欲求を充足しなければならないという意味での定義である。
人間の特色は、これらの動物としての基本的欲求を国家、企業及び家族等の組織体をつくり、組織の中で充足しようとする社会的動物であるということにある。人間以外にも、ハチやアリのように組織をつくって社会生活をしている動物がいる。ハチやアリは、本能的にどのような社会をつくればよいかを知っているが、人間はどのような社会をつくればよいかを本能的に知っているわけではない。本書の目的は、どのような社会をつくれば、人間の基本的欲求を充足出来るのかを知るために、正しい社会文化を探究することである。(後略)
上之山幸代/著
発行/かんぽうサービス
発売/かんぽう
定価/1,500(税込) 四六 212頁
本当の自分で生き、本当に出会いたいものと出会います。
本当にやりたいことにエネルギーを注ぐのです。魂は、自らの「目的・夢」を知っています。あなたの中にすでに存在する、自分を癒し、まわりをも癒していく力、
幸せを創るちからが、「セルフセラピーな心」です。
工藤明子 著
発行/かんぽうサービス
発売/かんぽう
定価/700円+税 A5判 80頁
第一章 ニューヨーク、ニューヨーク
●1973年夏/タイムズ・スクウェア ●1974年/ロウアー・イーストサイド  ●2001年夏
第二章 私の古着屋物語 ●60年代から70年代へ  ●1975年夏/開店前  ● 夢を希望を抱いていた日々●開店初日  ●最初の客  ●商品の仕入れと買い付け  ●疑惑の人  ●開店一年 ●招かれざる客  ●遠来のビジター  ●1976年冬  ●クリスマスに私は夜逃げをした ●閉店  ●ニューヨークを去る
第三章 ニューヨーク、ビフォー&アフター
●さよならツインタワー
杉山 彰/著
発行/かんぽうサービス
発売/かんぽう
定価/1,050(税込)  四六 180頁
2003年日本においては、イラク戦争、デフレ不況、拉致問題、核問題、新型肺炎(SARS)、有事関連法案の成立、大手銀行に公的資金投入、構造改革、社会保障制度の改革、衆院解散によるマニフェスト選挙などなど、多くの困難な課題に直面し、2004年へと波及しています。
2004年初頭には、政府はイラクヘ人道復興支援として自衛隊を派遣し、新たな国際協力活動が始動しました。本派遣はわが国にとっては“歴史的な大きな選択”であり、真の「社会に貢献」・「平和に貢献」できるか、重要な局面に入ったことを意味します。
これらの課題を解決するためのリーダーの存在が、今日、大きく問われています。リーダーは危機の中にあってこそ、正確な認識に基づく姿勢を強く打ち出し、対策を実施しなければ致命傷を負う事になります。
今、求められる新しいリーダー像とは、方針、決断、責任の三側面の視点で捉えなければならないと私は思っております。(後略)
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中
準備中